gtag('config', 'G-Y9M4KV0SWM', {'content_group1': '銀座美術'});
狩野栄川院典信 十牛図 画賛画像

狩野栄川院典信 十牛図 画賛

お気に入りに追加
商品説明
狩野典信(かのうみちのぶ)
享保15-寛政2(1730-1790)年。
狩野古信の子。江戸中期の六代目木挽町狩野派。
号は栄川院、白玉斎など。

十牛とは、禅宗においての修行と悟りの境地に達するまで、つまり己と向き合うための十のパターンを逃牛から飼いならして帰牧するまでを、自分探しの旅と掛けて十に分けて表している。
「苦楽」とはまさに人生そのもののことで、中でも5番目の牧牛を現しているもの。

印章「典信」

本紙:37.0×57.0
縦:125
横:61
正札価格

商談中

商品に関するお問合せは…

銀座美術

商品の取り置き、ご質問等お気軽にお問合せください


WEBからお問合せ

▼店舗へのアクセス方法、営業時間等の詳細はこちら

店舗詳細情報
茶の美メールマガジン