豊楽焼 木具写し 重箱画像

豊楽焼 木具写し 重箱

お気に入りに追加
商品説明
江戸後期-大正期
名古屋で代々焼かれていた楽焼。八代まで続いた。

こちらは、見た目は漆器に金の蒔絵を施しているようで、蓋を開けると陶器であることがわかる。
これは四代豊助からの技術"木具写し"と呼ばれるもの。

角印で「豊楽」とあり。
横:15.3
高:22
正札価格

¥165,000-

商品に関するお問合せは…

銀座美術

商品の取り置き、ご質問等お気軽にお問合せください


WEBからお問合せ

▼店舗へのアクセス方法、営業時間等の詳細はこちら

店舗詳細情報
茶の美メールマガジン