円山応挙画 立雛蒔絵手箱画像

円山応挙画 立雛蒔絵手箱

お気に入りに追加
商品説明
円山応挙(まるやま おうきょ)
1733ー1795年
円山派の祖。西洋画の遠近法を学び眼鏡絵を表現した人物として知られる。
寺社仏閣に多くの作品が残されている。

応挙下絵を、蒔絵で綺麗に表現しております。
茶箱としてもお使いいただけますが、小ぶりですのでこのまま小箱として脇床に飾っていただいても映えると思います。
 
縦:15.5
横:12.5
高:12
正札価格

¥250,000-

商品に関するお問合せは…

銀座美術

商品の取り置き、ご質問等お気軽にお問合せください


WEBからお問合せ

▼店舗へのアクセス方法、営業時間等の詳細はこちら

店舗詳細情報
茶の美メールマガジン